Web担当者・SNS担当者はなにをする人?

Web担当者やSNS担当者と聞いて「なにをするの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

ここでは、簡潔に「Web担当者とはなにか」「SNS担当者とはなにか」を解説いたします。

Web担当者とは

Web担当者とは、企業のWebサイトの管理運用を担当する人です。

以前は、Webサイト制作会社や広告代理店との窓口となる人が「Web担当者」と呼ばれていました。

近年では、単なる外部との窓口ではなく、Webサイトやネット広告など、Webを使って企業のマーケティング活動に取り組むことが、Web担当者の業務のメインになっています。

Web担当者について「Web担当者(ウェブ担当者)とは企業のWebサイトを管理・運営する担当者。 | 遠藤聡.com」にて詳しく解説をしております。ぜひ、ご一読ください。

SNS担当者とは

SNS担当者は、SNSを使って企業のマーケティング活動に取り組む人のことです。

FacebookやTwitter、Instagram、YouTubeなどのSNS(ソーシャルメディア)において、企業の公式アカウントを運用して、情報発信をしたり、顧客やファンとコミュニケーションをとって、関係性を築くことが主な役割です。

また、商品やブランドの認知拡大などプロモーション活動を目的とした、SNSでの取り組みを担当することもあります。

SNS担当者について「SNS(ソーシャルメディア)担当者とは?顧客との関係性を深める人 | 遠藤聡.com」にて詳しく解説をしております。ぜひ、ご一読ください。

Web担当者、SNS担当者の代行とは?

私が提供をしているWeb担当者やSNS担当者の代行とは、上記のようなWeb担当者、またはSNS担当者の業務を代行するサービスです。

WebやSNSを使って、御社の事業の売り上げに貢献をする活動(ウェブマーケティング)の全てを行います。

Webマーケティングに力を入れたいけど、社内に人材がいないという課題をお持ちの会社様は、ぜひご相談をいただければと思います。