【解説】Webサイト(ホームページ)の運営とは何をするの?

Pocket

【解説】Webサイト(ホームページ)の運営とは何をするの?

Webサイトやホームページを活用したいときに、Webサイトの運営が必要だという話を聞いたことがあると思います。

Webサイトを公開した後に、そのまま放置をしていた人にとって、Webサイトを運営するってどういうこと?とイメージがしづらいかもしれません。

今回は、Webサイトの運営とは何をするのかについて解説をいたします。

Webサイトの運営とは

Webサイトを運営するとは、Webサイトを使って、何かしらをするということです。

この「何かしら」というのは、そのWebサイトがある理由(目的)によって変わります。例えば、見込み顧客のリストを得たいのであれば、Webサイトを使って、見込み顧客のリストを得ることとなります。

他にも資料請求や問い合わせを増やしたい、カスタマーサポートをしたい、物販をしたい、商品を販売したいなど、それぞれWebサイトを使って何がしたいのかによって、具体的にWebサイトの運営で何をするかが異なります。

[名](スル)団体などの機能を発揮させることができるように、組織をまとめて動かしていくこと。「大会を運営する」「運営委員会」
出典元:運営(うんえい)の意味 – goo国語辞書

または「Webサイトを動かして営業をする」と言い表してもいいかもしれません。

なんにしても、会社としてWebサイトを運営するということは、そのWebサイトを使って何かをするということです。Webサイトを使って収益を得る、または、Webサイトを使って売り上げを増やすということは、どの会社においても共通しているでしょう。

Webサイト運営をスタジアム運営に例えると

Webサイト運営を、スタジアム運営に例えてみましょう。

スタジアムは、建っているだけでは、収益を得ることはできません。建造物としてあるだけで、スタジアムを建てた目的が達成できることは少ないでしょう。

スタジアム運営では、スタジアムを使って(貸し出して)野球の試合をしたり、ライブをしたり、展示会をしたりすることで収益を得ることができます。

そもそも、野球の試合やサッカーの試合をするためにスタジアムを建てているでしょう。

目的を実現するためにWebサイトを使う

もうお分かりの通り、Webサイトを運営するということは、Webサイトを使って、会社のやりたいこと(Webサイトの目的)に取り組むことです。

Webサイトの運営には、どんなWebサイトにしたらいいのか、Webサイトの構成やWebページの企画や作成から、Webサイトにどんな人が、どれぐらいの人数やってきているのか、どのWebページを読んでいるのかなどのWebサイト分析なども含まれます。

またWebサイトに集客をするための方法を考えて、取り組むことも大事な仕事の一つです。

この記事を書いた人

遠藤 聡
遠藤 聡小さな会社のWebマーケター
小さな会社のWebマーケターとして、Webマーケティングの戦略立案からWebサイトの管理・運営、オウンドメディア、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運営のお手伝いをしております。

著書:スピードマスター 1時間でわかる SEO対策

WEBマスターの手帳(オウンドメディア)の運営もしております。
Webマーケティング関連のオンライン講座をShareWisUdemyにて提供しております。

【著書】スピードマスター 1時間でわかる SEO対策

SEOの基本をギュッと詰め込んだ「SEOの入門書」です。

SEOってなに?WebサイトをGoogle検索で上位に表示されるようにしたいけど、どうしたらいいの?という初心者の方のために、Google検索などで上位表示をするために必要な考え方とハウツーを解説しています。

いきなり何百ページもあるSEOの参考書を読むのは気がひけてしまう。インターネットでSEOについて調べたけど、情報が多すぎて、余計に混乱してしまった。

そういった課題を解消すべく「1時間でわかるSEO対策」は、SEOの入門書として、SEOに取り組んでいく時に必要な「基本」だけを解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください