【解説】Webサイト(ホームページ)の管理、保守(維持)とは何をするの?

Pocket

【解説】Webサイト(ホームページ)の管理、保守(維持)とは何をするの?

Webサイト制作会社などで、サービスの1つとして、Webサイトの管理や保守(維持)を提供しているところも多いですよね。

では、Webサイトやホームページの管理、保守(維持)とは何をするのでしょうか。

Webサイトの管理、保守(維持)とは

Webサイトの管理、保守とは、Webサイトが正常に機能するようにすることです。

  • ある規準などから外れないよう、全体を統制すること。「品質を管理する」「健康管理」「管理教育」
  • 事が円滑に運ぶよう、事務を処理し、設備などを保存維持していくこと。「管理の行き届いたマンション」「生産管理」
  • 法律上、財産や施設などの現状を維持し、また、その目的にそった範囲内で利用・改良などをはかること

出典元:管理(かんり)の意味 – goo国語辞書

せっかくWebサイトにアクセスをしようとしているのに、Webサイトが正しく表示されなかったり、エラーが生じてしまっては、Webサイトがある意味がありません。

そういったトラブルが起こらないように、ドメインやWebサイトのデータが保存されているサーバー管理をしたり、Webサイト内のリンク切れの修正や、画像が表示されていないときに対応することが必要です。

また、Webサイトの機能が正しく動くようにすることも必要です。

問い合わせフォームが正しく動いていない、商品を購入しようとしたけど、決済機能が正しく動いていなかったということでは、大きな機会損失となってしまいます。

このような、トラブルやエラーが起こらないようにしておく、なにかトラブルやエラーが起こった時に素早く対応するといった、Webサイトが、その目的を果たせるようにする「Webサイトの管理や保守」は、とても大事なことです。

Webサイトの管理、保守をスタジアムに例えると

Webサイトの管理や保守を、野球スタジアムに例えてみましょう。

スタジアムで野球の試合が行われるのに、観客席が壊れていたり、階段がボロボロだったり、トイレが使えない状態になっていては、スタジアムとして成り立ちませんよね。

またグラウンドの芝の管理や、照明など建物としての管理や維持も必要でしょう。

このように、スタジアムが、スタジアムとして使えるようにする「管理と保守(維持)」は、とても大事なことです。

管理や保守はWebサイトの命綱

もうお分かりかと思いますが、Webサイトの管理や保守(維持)ができていなければ、WebサイトはWebサイトとして成り立たなくなってしまいます。

Webサイトを活用して、Webマーケティングに取り組みたい、Webサイトで集客をしたい、Webサイトで販売をしたいといったことも、Webサイトが正しく表示され、正しく機能していなければ実現はできません。

Webサイトの管理や保守を、あまくみて、せっかくのチャンスを逃してしまうようなことがないように気をつけてくださいね。

この記事を書いた人

遠藤 聡
遠藤 聡小さな会社のWebマーケター
小さな会社のWebマーケターとして、Webマーケティングの戦略立案からWebサイトの管理・運営、オウンドメディア、Facebookページ、Twitter、YouTubeチャンネルの管理運営のお手伝いをしております。

著書:スピードマスター 1時間でわかる SEO対策

WEBマスターの手帳(オウンドメディア)の運営もしております。
Webマーケティング関連のオンライン講座をShareWisUdemyにて提供しております。

【著書】スピードマスター 1時間でわかる SEO対策

SEOの基本をギュッと詰め込んだ「SEOの入門書」です。

SEOってなに?WebサイトをGoogle検索で上位に表示されるようにしたいけど、どうしたらいいの?という初心者の方のために、Google検索などで上位表示をするために必要な考え方とハウツーを解説しています。

いきなり何百ページもあるSEOの参考書を読むのは気がひけてしまう。インターネットでSEOについて調べたけど、情報が多すぎて、余計に混乱してしまった。

そういった課題を解消すべく「1時間でわかるSEO対策」は、SEOの入門書として、SEOに取り組んでいく時に必要な「基本」だけを解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください